「豊能梅」通信

高知県香南市にある造り酒屋“豊能梅”の情報をお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おり酒夏仕込み

8月20日、恒例のおり酒夏仕込みが始まりました。
日本一早く収穫される酒造好適米「風鳴子」の新米を用いての挑戦です。

前日に洗った米を朝4時半から甑に張り込み蒸します。
おり酒仕込み2011-1

そして、6時半ごろから蒸し米を掘り出します。
今日は、帰省中の長男にも手伝ってもらいました。
おり酒仕込み2011-2
おり酒仕込み2011-4
最初に、麹用の蒸し米を放冷機で適度に冷却しながら、種麹を振りかけ、麹室へ運びます。
おり酒仕込み2011-5
おり酒仕込み2011-6
おり酒仕込み2011-8
次は添え仕込みです。
エアーシューターで蒸し米を飛ばしながら、仕込みタンクに仕込みをしてゆきます。
おり酒仕込み2011-9
おり酒仕込み2011-11
おり酒仕込み2011-10

今年も無事に「風鳴子」が収穫され、「早場米での夏仕込み」ができる事は、例年にも増して幸運な事であると感じています。土佐の素晴らしい自然の恵みに感謝をしながら、自然(微生物)と人間との調和の産物である「酒」の中に、その魅力を表現していきたい所存です。

仕込みは3段階(添、仲、留)に分け、4日間かけて行います。2日遅れて2本目の仕込みが続きます。 8/25まで仕込みを行った後、約15日間程醗酵をさせて全量を濁り酒「おり酒」に仕上げます。

甘酒の季語が夏というのは、夏の疲労回復として甘酒を飲んでいたからと聞きますように、高知では残暑厳しい時期の疲労回復の一杯を、大人の甘酒「おり酒」が担っています。県外では、冬の飲み物として知られる濁り酒を残暑厳しい時期にも飲むのは、今や高知ならではの夏の風物詩となりました。

新酒は9月12日から県下全域で発売する予定です。お楽しみに!
新酒おり酒
おり酒720カートンs

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

五代目

Author:五代目
「豊の梅」醸造元の五代目です。
杜氏を兼ねております。
しかし、酒は一向に強くなりません。

最新記事

フリーエリア

ジオターゲティング


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。