「豊能梅」通信

高知県香南市にある造り酒屋“豊能梅”の情報をお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第38回赤岡絵金祭り・酒蔵開放

7月19日、20日の両日、赤岡は絵金祭りで賑わいました。祭りの雰囲気が分かる写真は全く撮る間がありませんでしたが・・・蝋燭の灯りに浮かび上がる絵金の屏風絵に見入る人々、良い写真を推敲するカメラマン。お隣では現代作家のえくらべ作品にビー玉を投票する人あり。弁天座での土佐絵金歌舞伎は一幕、二幕とも立ち見の出る賑わいぶり。絵金蔵内は特別展示、町に屏風絵が出るまでの恰好のスポットとなっていました。お化け屋敷は根強い人気、叫び声が響き、泣きながら飛び出してくる子達も。ビアガーデンは豆電球さんの歌声が響く中、じっくりと飲み続ける集団、焼きそば大食い大賞狙いの兵、ビンゴお目当ての子供たち等々。つかの間の小雨で涼しさも感じる夏の宵闇、それぞれの場所で思い思いの祭りを満喫していました。
 豊能梅の酒蔵は仕込み蔵には昨年までのえくらべ作品を展示し、普段とは違うちょっとこわーい雰囲気を醸していました。
P1030662-2.jpg

試飲・販売会場には10種類程度の試飲酒の他、絵金蔵記念カップ、おり酒饅頭などイベント限定の商品も並びました。
P1030635-2.jpg
P1030633-2.jpg
P1030634-2.jpg
P1030632-2.jpg
会場には着物の団体様も来られました。
P1030639-2.jpg
絵金蔵前では恒例、良く冷えた土佐の夏吟醸を樽で振る舞いました。升を購入し、何度もお代わりする常連客が増えてきたような・・・。
振る舞い酒
県内外からリピーターの多いこの祭り、絵金祭りにしかない雰囲気、色々な切り口で楽しめる事も人気の理由でしょうか。
豊能梅もその魅力の一つとして成長したいです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

五代目

Author:五代目
「豊の梅」醸造元の五代目です。
杜氏を兼ねております。
しかし、酒は一向に強くなりません。

最新記事

フリーエリア

ジオターゲティング


ジオターゲティング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。